美容室でのシャンプー

先日ANCHORの1年生のシャンプーコンテストがありました。



美容師になって最初に教えてもらう技術が

シャンプーです。



「シャンプーは大事だよ〜」


なんて、僕も美容師なりたてによくいわれました



なんで大事なんでしょう



① 美容室は基本薬剤を塗ったり液がたれてきたり濡れっぱなしだったりと
    体感的には気持ち良くはない事が多い中
シャンプー(ヘッドスパも)は数少ない

「気持ち良いメニュー」

です

大事です



② シャンプーをする時、お客様がどこが気持ち良いのか、どのぐらいの力加減が良いのか尋ねながら探していきます
まさに痒いところに手が届く

美容師の全てにおいて

大事です




そのうちシャンプーを指名していただいたり

なんとチップまでいただくことも
(昔よく頂いてました)

シャンプーは本当に奥が深いです。



でもやはり1番大事なのはお客様に本当に喜んでいただきたいと思う

《気持ち》《愛》

です

これも全ての接客、技術に1番大事な事です

本当に喜んでいただくために技術も練習するし、知識も学ぼうとします。

本当に喜んでいただいた時に


お客様からも

《感謝の気持ち》や《信頼感》

が生まれ

自分にもやりがいができ

また一歩踏ん張り

《成長》できます


自分のためではなく誰かのために


もっと言えば「ために」ではなく「思う」


誰かを《思う》こと



それがきっと自分のためになる


「幸せ美容室」ANCHOR's  nakashima blog

中嶋 公治 1980年生まれ 福岡美容専門学校卒業 年株式会社ANCHOR設立 福岡県内2店舗スタッフ23名 人口38000人の市で月間1200名/月、新規数200名/月 の集客力 日本一のWeb予約数を達成 経営セミナー講師 ネクストリーダー掲載 ネクストリーダーPod cast 「美容師に送る聞く雑誌」第23〜26回出演 セミナー依頼はkoujicool@gmail.comまで!

0コメント

  • 1000 / 1000