ウェブ予約について

今回もラジオで喋らせていただいてる



ウェブ予約について




話させてもらおうかとおもいます。




ここ数年で予約の方法も色々と変わってきて




とても便利になってきてますが




どれだけの人がこのウェブ予約活用できてるのか?




美容室だけでなく

今や飲食店などでもウェブ予約は増えてます





この便利なものをちゃんと伝えることも

サロンの責任。





サロンによっては


「うち、ウェブ予約やってみたけど、いまいち浸透しなかったからね」
「年齢層高めだから導入するの微妙」
「導入日や毎月の費用が勿体無い」




なんてことを言いますが




全部言い訳です!!




ウェブ予約で予約をしたいお客様は年齢問わず



たくさんいます!




ウェブ予約は年齢問わず知ってるか知らないかだけ




つまりウェブ予約をサロンで本気で取り組んでるの?





ってことです!




勘違いするのは




ウェブ予約を入れたらお客様がウェブ予約してくれる




って思ってしまってること。




導入しても知ってもらわないと全く意味がありません!




それも




全員に




です!!





そうするためには何をやらないといけないのか??





『目的の共有』


電話予約が3分として100件電話予約がウェブ予約に変われば


300分(5時間)の時間が生まれます


400件で20時間





この時間を生み出し


大好きなお客様へのサービスへの時間に使おう!




みんなの休憩を増やそう!



休みを増やそう!



週休2日を目指そう!



そもそも電話に出れる

レセプションがいるサロンはいいけど



電話に出る美容師スタッフも沢山いると思います。



カラー塗ってる最中に電話なると



手袋を外して電話出るのってめんどくさくて



お客様との会話や技術も途切れるし



ストレス溜まりますよね??



ウェブ予約はそれも少し緩和できる

素晴らしいシステムです!





お客様も予約忘れも減り




好きな時間に予約できて当日予約も減ります!



“ウェブ予約ってサロンにとって時間を生み出すとても可能性のあるものですよ!!”




年齢層や場所なんて関係ありません




大事なのは知ってるか知らないか



ANCHORは日本一の予約数をとりました!

その時の取材記事

↓↓↓↓




その時その時で


サロンにとって


大切なお客様にとって


必要なものを見極め


導入し


本気で取り組む理由(目的)を考える



これが経営者の仕事。




目的を共有できる仲間を作るか


目的によって仲間をひとつにするか



よく考えてみましょう!



こちらANCHORの自社アプリ
予約も出来ます!

御参考まで


僕の話すラジオ毎週更新です!

ぜひ聞いてください!!


セミナーやります!

「幸せ美容室」ANCHOR's  nakashima blog

中嶋 公治 1980年生まれ 福岡県育ち 福岡美容専門学校卒業 福岡市内のサロンで勤めた後 嘉麻市に2006年に hair make spot ANCHORを開業 2016年株式会社ANCHOR設立 嘉麻市、嘉穂郡に2店舗スタッフ20名 人口38000人の市で月間1200名/月、新規数200名/月 の集客力 日本一のWeb予約数を達成 タカラベルモントセミナー講師 ネクストリーダー掲載

0コメント

  • 1000 / 1000