後悔しないように



10年以上前の


開業してまだ間もない頃の話を。




ある日ひとりの奥様が急に


「今からカットとカラーできる?」



てサロンに入って来ました。



オープン当初


まだまだお客様も少かったので



喜んでお受けしました



ただその奥様が


お節介でうるさくて元気がありすぎる。。


しかもいつも直前の予約。。。



なんか、いきなり手相を見てくれたり、


半強制的に家に食事に呼ばれたり、


ある時は

「あなたお店のお祓いやったの?」




「私の家を今度お祓いするから一緒にやりなさい!」





なんて言ってお祓いしてもらったり



「今日はメッシュ(ハイライト)入れて!

4本は縁起が悪いから5本ね!!」




なんて言ったり




僕も当時まだ20代半ば




内心ちょっと

「めんどくさい」




なんて思ってしまってましたが
(ダメなやつですね)



ただ、駆け出しの僕になぜか



「あなたは本当に大物になるから、絶対がんばりさい!!」




といつも言ってくれてました。




時には


入口のドアを少し開けて


「はい、食べなさい!」



って言ってお弁当を置いていってくれてました。






それが


毎月2回は来られてたのに



ある日を境にパッタリその奥様が来店しなくなり



数ヶ月後根元の白髪がすごく伸びて来店されました



体調を崩してたらしく



「長く座っとくのがキツイからカットだけでいいからね!」




と言われカットだけさせていただき



いつものように



お節介でうるさいぐらいよく喋り



相変わらず元気に


「またね!」



って帰って行きました






それから少しして



その方のお名前が書かれた



葬儀の案内看板を見つけ



気がついたら葬儀場に言ってる自分がいて



その方の綺麗なお顔と



伸びきった白髪を見て



涙が溢れました。


「ありがとうございます」


って言いたかったし




きっと


あの時のお祓いも


縁起を担いだ5本のメッシュも



色んな想いや意味があっただろうし



なによりも染めてやれなかった白髪。








色々考え涙を流しながら


その時



美容師



についてすごく考えました


お客様と美容師は1、2ヶ月に1度


2時間ぐらいしか会わないけど



お客様には僕らが見えないところで


色んな事が起こってる


元気そうに見えて落ち込んでたり


健康そうに見えるけど体調が悪かったり


色々な想いで来店されます



だから僕はいつも笑顔で迎えたい



後悔しないように。






何が言いたいかというと



何でも毎回最後と思って本気で取り組め!




ってこと。


仕事に慣れないで


いつも本気で何事も当たり前に思わず


感謝する事。




その奥様は今の僕を見てどうおもってるかな?


少しでも笑ってくれてるかな?


そんなこと考えながら


まだまだ頑張って行きたいです!



長く美容師をしてるとこんな経験が



皆さんもあるかもしれませんが



ほんと


美容師って髪切るだけじゃなく


想いの詰まった職業ですね


美容師やっててよかったです!


後悔しないようにしっかり提案して


毎回最高に満足して帰っていただけよう


みんなで取り組んでいこうと思います!




この事を書こうか迷いましたけど


伝えたい事があったので


書かせてもらいました!



なんか



しっとりしたブログですいません!!




それでは、

おやすみなさい!







今月高知でセミナーさせていただきます!!
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
お近くの方は是非!!

一緒に成長していきましょう!



5月は僕がっ喋ります!
美容師に送る聞く雑誌!
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

「幸せ美容室」ANCHOR's  nakashima blog

中嶋 公治 1980年生まれ 福岡県育ち 福岡美容専門学校卒業 福岡市内のサロンで勤めた後 嘉麻市に2006年に hair make spot ANCHORを開業 2016年株式会社ANCHOR設立 嘉麻市、嘉穂郡に2店舗スタッフ20名 人口38000人の市で月間1200名/月、新規数200名/月 の集客力 日本一のWeb予約数を達成 タカラベルモントセミナー講師 ネクストリーダー掲載

0コメント

  • 1000 / 1000