分け目間違ってない?

ブラッド・ピッドです






・・・。






お客様を



シャンプーしてもらって



お席に帰ってくると



「分け目間違ってない?」



て思うことがたまにあります




流し前にしっかり見ておけば



間違えることはありません



分け目を間違うこと



お客様にとっては



すごく残念だと思います



ケアリストたちに





「分け目すらもわかってくれてない美容師に切ってもらいたいと思う?」




と尋ねます




お客様にとって分け目毎日の当たり前



美容師から見ると2ヶ月3ヶ月に1回見る分け目


美容師から見るともしかしたら


そこではない分け目



でもお客様にとってはそこが分け目





何が言いたいかって



お客様に対して



寄り添いなさい




ということ



その分け目を間違うことだけで



お客様との距離が



すごく開きます



お客様にとって


担当の美容師さんが


どれだけ自分のことを


わかってくれてるか





そこが1番大事。



技術を学ぶことも大事ですが




お客様のちょとした変化や


要望に気づくことに


まず集中してみるのもいいと思います



本当にお客様が求めてるのは



距離感ではないのかな?



離れたり近づいたり


その距離感は


家族、スタッフ、



コミュニケーションをとる中で


とても大事です



さあ今日もそんなことを感じながら



サロンワーク頑張ります!


「幸せ美容室」ANCHOR's  nakashima blog

中嶋 公治 1980年生まれ 福岡県育ち 福岡美容専門学校卒業 福岡市内のサロンで勤めた後 嘉麻市に2006年に hair make spot ANCHORを開業 2016年株式会社ANCHOR設立 嘉麻市、嘉穂郡に2店舗スタッフ20名 人口38000人の市で月間1200名/月、新規数200名/月 の集客力 日本一のWeb予約数を達成 タカラベルモントセミナー講師 ネクストリーダー掲載

0コメント

  • 1000 / 1000