ボランティアカットに行ってたころの話

昔スタイリストなりたての時

ボランティアで

ある養護施設に2、3ヶ月の1回


カットに行ってました



赤ちゃんから



高校生ぐらいまで




沢山カットさせてもらってました



そこで僕は色んなことを感じました


僕の家も消して恵まれた環境ではないのかもしれませんが


母のおかげで


不自由なく生活させてもらいました


施設に沢山の子供と接して思ったこと


「幸せってなに?」



子供たちは色んな事情で預けられてました




ある時カットが終わった後

4年生ぐらいの女の子が

「私の宝物見て!」


って言ってロッカーに案内されました



見せられたものは


お母さんからの手紙

「読んで!」


って言って来ました


それはお母さんからの


小学校入学おめでとうって内容の手紙



「これと一緒にキーホルダーが入ってたんだよ!それが私の1番の宝物!」





だいぶ前の手紙だと思います




生活苦のためその子は施設に預けられてました

しかも、

そのお母さんはその子を預けてまた子供ができて


その子と一緒に暮らしてるそう



お母さんの勝手で


離れ離れになってるのに



お母さんからもらった


キーホルダーが宝物



キーホルダーです




どんな状況でも


何があっても


子供はお母さん大好きなんです



只々

好きなんです



そしてたまに会えるお母さんとの時間を楽しみにしてます



僕は


人の幸せって何だろう??



って悩みました


どんな事をその子にしてあげても


その子の
1番の幸せはお母さんとの時間


1番大切なものは
お母さんからもらったキーホルダー



僕は考えました


人の幸せは


安心



なんだなと思いました


お母さんといると安心するし


お母さんとの思い出が安心するんです


僕らは

色んなものを手に入れたり


与えられたりしても



不安な気持ちだと


心から幸せとは思えません



ですが


何もなくても


心が


安心



できると



幸せになれると思います




僕は関わる人たちをANCHORを通じて幸せにしたい


そう思ってます



安心できる仲間や組織


安心できる場所


安心できるサロン


安心してANCHORに来て欲しい


安心して働ける場所



共に幸せになれるように






長くなってしまってすいません


では明日はフォトコン


楽しみです

「幸せ美容室」ANCHOR's  nakashima blog

中嶋 公治 1980年生まれ 福岡県育ち 福岡美容専門学校卒業 福岡市内のサロンで勤めた後 嘉麻市に2006年に hair make spot ANCHORを開業 2016年株式会社ANCHOR設立 嘉麻市、嘉穂郡に2店舗スタッフ20名 人口38000人の市で月間1200名/月、新規数200名/月 の集客力 日本一のWeb予約数を達成 タカラベルモントセミナー講師 ネクストリーダー掲載

0コメント

  • 1000 / 1000