ANCHOR

記事一覧(119)

ウェブ予約について

今回もラジオで喋らせていただいてるウェブ予約について話させてもらおうかとおもいます。ここ数年で予約の方法も色々と変わってきてとても便利になってきてますがどれだけの人がこのウェブ予約活用できてるのか?美容室だけでなく今や飲食店などでもウェブ予約は増えてますこの便利なものをちゃんと伝えることもサロンの責任。サロンによっては「うち、ウェブ予約やってみたけど、いまいち浸透しなかったからね」「年齢層高めだから導入するの微妙」「導入日や毎月の費用が勿体無い」なんてことを言いますが全部言い訳です!!ウェブ予約で予約をしたいお客様は年齢問わずたくさんいます!ウェブ予約は年齢問わず知ってるか知らないかだけつまりウェブ予約をサロンで本気で取り組んでるの?ってことです!勘違いするのはウェブ予約を入れたらお客様がウェブ予約してくれるって思ってしまってること。導入しても知ってもらわないと全く意味がありません!それも全員にです!!そうするためには何をやらないといけないのか??『目的の共有』電話予約が3分として100件電話予約がウェブ予約に変われば300分(5時間)の時間が生まれます400件で20時間この時間を生み出し大好きなお客様へのサービスへの時間に使おう!みんなの休憩を増やそう!休みを増やそう!週休2日を目指そう!そもそも電話に出れるレセプションがいるサロンはいいけど電話に出る美容師スタッフも沢山いると思います。カラー塗ってる最中に電話なると手袋を外して電話出るのってめんどくさくてお客様との会話や技術も途切れるしストレス溜まりますよね??ウェブ予約はそれも少し緩和できる素晴らしいシステムです!お客様も予約忘れも減り好きな時間に予約できて当日予約も減ります!“ウェブ予約ってサロンにとって時間を生み出すとても可能性のあるものですよ!!”年齢層や場所なんて関係ありません大事なのは知ってるか知らないかANCHORは日本一の予約数をとりました!その時の取材記事↓↓↓↓

生涯契約

先日のマリナーズの発表にビックリし感動しましたまずこの言葉「生涯契約」今美容業界でも取り糺されてる生涯雇用まさに生涯雇用=生涯契約この生涯って言う言葉の意味本気で考えたことありますか?社員が会社で生涯で働くということそれってどんな事なのか?その答えがイチローのインタビューにありましたイチロー会見・抜粋マリナーズと契約してから今日まで、僕にとってはギフトを贈られているようなもので。毎日本当にハッピーでした。今日もそうです。これが最後ではないということをお伝えする日になった。とにかくハッピーで、毎日セーフコフィールドに来る家から球場までの道のり、帰り道、ユニフォームを着ていられる時間…。その毎日を噛み締めてきました。そうですまずハッピー(幸せ)でないといけないんですそこに存在すること当たり前が全てハッピーに感じる環境であることその環境を作ることが経営者の仕事でそのハッピーを継続するために努力することが社員の仕事。それともっと大切な事も答えてますそれが終わってしまうのかなということも考えましたし、でも、そんな提案をいただいて、大好きなチームメイトたちと…これが大好きでない人たちであったら、この決断はできなかった。後押しという意味では、「チームメイトの存在」と言えるのではないかなと思います。「チームメイトの存在」これですねチームメイト=仲間もし、どんなに恵まれた環境であっても時には悩んだり、挫けたり、落ち込んだりそんな時もありますそこで支えてくれるのが仲間の存在それだけでなく仲間は喜びや感動も分かち合えますANCHORがそんな最高のチームメイトであれば社員と生涯契約=生涯雇用ができると思います生涯雇用とは会社側だけの思いではありません努力してない社員とは生涯契約しても意味がないです僕は野球の研究者でいたいというか。自分が今44歳で、アスリートとしてこの先どうなっていくのか、というのを見てみたい。プレーしていなかったとしても、毎日鍛錬を重ねることでどうなれるのか、というのを見てみたいという興味が大きい。それは変わらないと思う。チームと一緒に練習することもできるわけですから、それを続けられること、仮にこれで終わりだったとしても続けていると思うんですよね。なので喪失感みたいなものは実はない。かっこいい!もう努力を楽しんでますもん。自分を楽しんでる。自分を客観的に見てる。試合に出るために努力するこれってなんにでも当てはまることだと思いますが試合に出ないのに努力するんですよ。しかもチームメイトと練習できる事に何よりも幸せを感じてる。イチローが社員だったら生涯契約したくなりますよねていうかイチローが1番ハッピーな形を作りたくなるでもそれが結果的にチームメイト=「社員」ファン=「お客様」をハッピーにすることに繋がるんでしょうね!生涯雇用イチローにおしえてもらいましたありがとうございます!そしてこれからも活躍も楽しみにしてます!ついに!5/7月曜日から僕が喋ります!美容師に送る聞く雑誌

それぞれの役割

アンカーでは4月より新規のお客様より価格改定を行なってますそして6月より中嶋、大野の指名料を500円いただきます僕も大野も多い月には500名以上のお客様を担当させていただいますいつも指名して頂いてるお客様、ANCHORに来店して頂いてるお客様に感謝の気持ちでいっぱいです!ただこのように沢山のお客様に満足いただくために沢山のスタッフがいて仕組みを作りそれを継続していくため僕がカット以外にやらなくてはいけない役割が沢山出てきますお客様の為スタッフの為に美容師であり経営者である僕がやる事僕しかできないことをちゃんとやる事がスタッフの幸せお客様の幸せサロン発展への一番の近道なのです。値上げとは別に頂くこの指名料500円は100%スタッフ還元に使います!(僕らには指名歩合はありません!!!)休みの日講習受けてるスタッフ朝早くから練習してるスタッフコンテストに出たり教育してくれたり遅くまで会社のために話し合ったりそんなスタッフの負担を少しでも軽くしてあげてイキイキ、ニコニコ働けるサロンにしてまた違った形でお客様に還元していきたいと思います!!先日のセミナーでも伝えた従業員満足が顧客満足に繋がるこれからも感謝の気持ちを忘れず毎日前に進んでいきたいと思います!まずは週休2日!(^ ^)5月は僕が話します!美容師の聴く勉強!

後悔しないように

10年以上前の開業してまだ間もない頃の話を。ある日ひとりの奥様が急に「今からカットとカラーできる?」てサロンに入って来ました。オープン当初まだまだお客様も少かったので喜んでお受けしましたただその奥様がお節介でうるさくて元気がありすぎる。。しかもいつも直前の予約。。。なんか、いきなり手相を見てくれたり、半強制的に家に食事に呼ばれたり、ある時は「あなたお店のお祓いやったの?」「私の家を今度お祓いするから一緒にやりなさい!」なんて言ってお祓いしてもらったり「今日はメッシュ(ハイライト)入れて!4本は縁起が悪いから5本ね!!」なんて言ったり僕も当時まだ20代半ば内心ちょっと「めんどくさい」なんて思ってしまってましたが(ダメなやつですね)ただ、駆け出しの僕になぜか「あなたは本当に大物になるから、絶対がんばりさい!!」といつも言ってくれてました。時には入口のドアを少し開けて「はい、食べなさい!」って言ってお弁当を置いていってくれてました。それが毎月2回は来られてたのにある日を境にパッタリその奥様が来店しなくなり数ヶ月後根元の白髪がすごく伸びて来店されました体調を崩してたらしく「長く座っとくのがキツイからカットだけでいいからね!」と言われカットだけさせていただきいつものようにお節介でうるさいぐらいよく喋り相変わらず元気に「またね!」って帰って行きましたそれから少ししてその方のお名前が書かれた葬儀の案内看板を見つけ気がついたら葬儀場に言ってる自分がいてその方の綺麗なお顔と伸びきった白髪を見て涙が溢れました。「ありがとうございます」って言いたかったしきっとあの時のお祓いも縁起を担いだ5本のメッシュも色んな想いや意味があっただろうしなによりも染めてやれなかった白髪。色々考え涙を流しながらその時美容師についてすごく考えましたお客様と美容師は1、2ヶ月に1度2時間ぐらいしか会わないけどお客様には僕らが見えないところで色んな事が起こってる元気そうに見えて落ち込んでたり健康そうに見えるけど体調が悪かったり色々な想いで来店されますだから僕はいつも笑顔で迎えたい後悔しないように。何が言いたいかというと何でも毎回最後と思って本気で取り組め!ってこと。仕事に慣れないでいつも本気で何事も当たり前に思わず感謝する事。その奥様は今の僕を見てどうおもってるかな?少しでも笑ってくれてるかな?そんなこと考えながらまだまだ頑張って行きたいです!長く美容師をしてるとこんな経験が皆さんもあるかもしれませんがほんと美容師って髪切るだけじゃなく想いの詰まった職業ですね美容師やっててよかったです!後悔しないようにしっかり提案して毎回最高に満足して帰っていただけようみんなで取り組んでいこうと思います!この事を書こうか迷いましたけど伝えたい事があったので書かせてもらいました!なんかしっとりしたブログですいません!!それでは、おやすみなさい!今月高知でセミナーさせていただきます!!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎